BLOG

【筋トレに注意】ハーバード大学の研究とは


『筋トレに執着しすぎる人は鬱になりやすい』


というハーバード大学の研究では、強迫観念により増加するトレーニング愛好者のメンタルヘルス問題に関して、「3人に1人の若者が肥満治療とは関係ないダイエットを1年以内に敢行しており、その多くはボディイメージ障害に苦しんでいた」とあります。 これは正直な話、非常に納得なんです。 実は過剰なダイエットやコンテストブームで筋トレにハマり、筋トレに囚われ、自分を苦しめ、心身が辛くなり辞めていく、そういう女性は少なくありません。 トレーニング = コンテストでもないし トレーニング = 筋トレでもない トレーニング = ダイエットでもない そんな短絡的で一面的な教本は、何処の教育機関にも存在しません。